上司と部下の関係。取るところは取り、捨てるところは捨てる

2017.03.23 (木)

全てを取ることをしない正親町天皇のかしこいマネジメント

 

さあ、もうほんとに色んなものが失墜していて唯一と言っていい「権威」をかろうじて保っていたと思われる「天皇家」の本社のある京に・・・、「いけいけドンドン」の信長社長がやってきました!

 

この当時の2つの勢力の関係はまさに対照的だったでしょうね(^_^;) 落ち目の「朝廷」と飛ぶ鳥を落とす勢いの「信長社長」・・・。そんな「朝廷」「天皇家」を見て信長社長は何を感じたのでしょうか・・・?

 

ここからの話はほんとに色々な説があります。「始めから完全に信長社長は天皇家を利用することしか考えていなかった」と言う話もありますし、「しっかりと天皇を敬っていた」と言う話もあります。

 

このコラムは「私」のコラムですから(そりゃそうだ 笑)、ここでは私の思った観点から話を進めさせていただきますが、私は「後者」だと思っています。結果的に最後のほうになるとやはりそこは信長社長らしく?、天皇家を軽んじていく流れが見て取れますが上洛した当初はしっかりと「天皇家」を認めていたと思われます。

 

ここが今までも書いているようにひじょ~に信長社長の優れているところ。彼は「むやみやたらに力でおさえようとする」だけではない人なんですね。意地悪な言い方をすれば「使えるものはとことん使う」と言うことになりますが(^_^;)、その辺ちゃんと上司(天皇家・足利ホールディングス)と部下(信長社長)の関係を築ける人と言うことになります。とは言えさっきも書きましたが結局「利用価値」が無くなってしまうと「ポイ捨て」をしてしまうところも信長社長と言うことになりますが・・・。

 

そんな中での「天皇家=正親町天皇」と「信長社長」の上下関係を端的に表現するとしたら・・・、持ちつ持たれつ! の関係だと思われます。

 

この点、前回出てきた「義昭社長」とやっぱり違いますよね。義昭社長は「全ての権限をにぎろうとした」ことで信長社長と対立し全てを失ってしまいました。一方の正親町天皇は・・・、しっかりと現状の把握をしていてかしこい選択をしたと言うことが言えると思います。

 

正親町天皇、分かっていたんでしょうね。「信長社長とは対立するよりも協調のほうが良い」と・・・。

 

でもそのためには天皇家の要望ばかりを前面に出すわけにはいきません。ましてや相手はあの「激情タイプ」の信長社長・・・。なので正親町天皇は・・・、自分が今持っている手駒の取捨選択(部分取り)をしました。基本は信長社長にまかせるが、ゆずれないところはしっかりとにぎると言うマネジメントで信長社長に接したのです。

 

これは部下側の信長社長からすればやりやすいですよね。何でもかんでも「俺が俺が」と出て来る「義昭社長」タイプの上司よりは格段にやりやすい(笑)部下としては・・・、自分を認めてくれてまかせるところはまかせてくれる上司のほうがやっぱりやりやすいんですよね。

 

上司の正親町天皇はそんな中でも正直に言えば「面白くなかった」かも知れません・・・。でも今の自分(天皇家)の現状をしっかりと受けいれ「部分で取れるところを取っていこう」と言う作戦に徹した正親町天皇もまた・・・、「優れた上司」だったのではないのかなと私は思います。

 

次回詳細をご紹介します♪

 

明日も1日歴史で楽しくいきいきと!

 

セミナーのご案内

 

現在、下記日程で

 

「会社での上下関係構築!7人の戦国武将からひもとくタイプ別診断講座」

 

を開催中です。

 

このセミナーに参加することで・・・

 

Before
1、自分がどんなタイプの管理職なのか知りたい!
2、自分が今会社からどんな管理職(手法)を求められているか知りたい!
3、自分が今部下にたいしてどうやってマネジメント・管理をしたら良いかを知りたい!
4、上司や部下ともっと活き活きとやりがいのある仕事がしたい!

 

50問の質問(5分くらいで終わる簡単な質問ですのでお気軽にお答えください!)に答えて自分のタイプの戦国武将を知ることで・・・

 

After
1、あなたがどんなタイプの管理職なのかが分かります!
2、あなたが今どんな管理職(手法)であるべきかが分かります!
3、あなたが今部下にたいしてどんなマネジメント・管理をすれば良いかが分かります!
4、上司と自分の各々のタイプを知ることで、どう関係性を持っていくのがベストなの
かが分かります!

 

初めに自分が「どんなタイプ」の戦国武将なのか?を把握してみましょう。中国の兵法家 孫子も言っているようにまずは「己を知る」ことから始めてみませんか?

 

ぜひとも過去の戦国武将の実際の事例を学びながらあなたが進むべき方向性を共に見つけましょう!

あなたのご参加を心よりお待ちしております。

 

◆開催情報

場所 渋谷センター街会議室A

東京都渋谷区宇田川町36-2 ノア渋谷1005(各線渋谷駅 徒歩5分)

地図はこちらになります→http://goo.gl/nF6WRv

セミナー代金 3,000円

当日会場でお支払をお願い致します。

 

★参加お申込

 

お手数ですが、下記ご記入の上送信してください。
折り返しご連絡を差し上げます。

    

お名前 *
メールアドレス *
性別
ご参加希望日*
当日期待することをお書きください。

 

▼シェアをお願い致します!▼

関連する投稿

現在の記事: 上司と部下の関係。取るところは取り、捨てるところは捨てる

お問い合わせ・ご相談はこちら

お電話でのお問い合わせ

090-5781-9597

フォームからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム »

コラムテーマ一覧

過去のコラム

⇑ PAGE TOP